img_02

クラウドサービスのクライアントソフトウェアの重要性

最近ではモバイルデバイスの大躍進もあり、どんな端末からもブラウザさえあれば利用できるクラウドサービスが大流行しています。

しかし逆に、クラウドサービスのその手軽さと理念とは裏腹に、さらに便利に利用するためにブラウザからではなく専用クライアントソフトウェアを望む声が少なくありません。

結局顧客はクラウドの技術的側面よりも単純に利便性を求めるという当然の話なのですが、いずれにせよクラウドサービス提供側にとっても、あるいはソフトウェア開発を生業にしている側にとっても、このクラウドサービスのクライアントソフトウェアというのは重要な存在になっています。
スマートフォンのマーケットなどを覗いてみると、有償無償問わず特定のクラウドサービス向けのクライアントソフトウェアが上位を賑わしています。

そしてそのソフトウェア開発者は、多くはクラウドサービスの提供者とは別なのです。


クライアントソフトウェアは、クラウドサービスが提供する機能をより便利に使うためのユーザーインターフェイスそのものですから、素晴らしい機能を提供するクラウドサービスであればあるほどクライアントソフトウェアによって輝きを増す余地があり、自社クラウドサービスの普及という観点から見てもサードパーティによる優れたクライアントの開発は望むべきことであり、またクライアント開発側からみても優れたクラウドサービス提供企業には頭が上がらないという、持ちつ持たれつの関係で互いの価値を高め合っている存在ということができます。クラウドサービス提供側は、クライアントソフトウェアが制作されやすい土台を作る必要があり、開発者がクラウドサービスの機能を直接操作しやすいようAPIの整備などを行う事が必要です。

少なくとも、クラウドサービス全体がブラックボックス状態であればクライアントソフトウェアの開発は望めません。


こうして内部構造が開かれ、健全なクラウドサービスにこそ優れたクライアントが生まれるというものです。パソコン向けのソフトウェアは、基本ソフトのOSが持たない機能でも、後から追加でインストールすることが出来る、とても便利なものです。

このソフトウェアを追加することで、パソコンで出来る事の幅を、大きく増やすことが可能です。


そしてそんなパソコン向けのソフトウェアですが、ただでさえ目的別の便利な機能が付いていて、素晴らしい機能性を持っているのに、更に後から追加で機能を持たせることが可能なのです。

それがプラグインという物です。

パソコンにソフトウェアをインストールすれば、新しい機能が加わるように、ソフトをインストールした下層のフォルダに、追加のプラグインをインストールすれば、更にソフトの機能を拡充できるのです。このプラグインの仕組みを持つソフトウェアは、本当に便利です。
普通に使っていても便利でも、それでもユーザーにも良くというものがあり、更に便利に使いたいと思ったり、より機能を呼び出しやすくしたいと感じる部分はあるのです。

そういった痒いところにも手が届くのがプラグインです。プラグインを追加でインストールすれば、様々な機能を追加できます。
普段幾つもの機能を使って行なっていた調整も、1つのプラグインの機能で、ワンクリックで出来てしまうようにもなるのです。
プラグインを開発する側も、実際のソフトウェアのユーザーであったりします。


ですからそのソフトウェアを更に便利に使うためには、どの様な追加機能のプラグインが必要かは、開発者自身が良く分かっているのです。


だからこそプラグインには便利な物が多く、追加でインストールすることで、ただでさえ便利に使えるソフトウェアが、プラグインの追加機能によって作業効率が跳ね上がり、更に便利になるのです。
よく使うソフトウェアがあるのなら、是非プラグインの導入にも挑戦してみるべきです。

そうしてプラグインを活用すれば、もっと便利にパソコンでの作業を進めることが可能になります。

http://www.excite.co.jp/News/release/20160421/Kyodo_prw_201604210042.html
https://4meee.com/articles/view/258985
http://www.m3q.jp/?page=449

明日に役立つデジタルサイネージ関する情報探しのお役に立つサイトです。

このWEB会議が広く知れ渡ってきました。

マイナンバーソリューション情報は必ず役に立ちます。

無料のWEB会議の情報を今すぐ確認できます。

タイムカードの勤怠管理に関する耳より情報です。